端株ではじめる低リスク株式投資

数百円からの株式投資。S株・プチ株・まめ株で株主優待や配当GET!低リスク・高リターンを目指します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

端株投資の利回り 利回りの計算例3 【7942】(株)JSP 

今回は、アンケートを返送すると特典がもらえる銘柄の利回りを計算してみます。
【7942】(株)JSP
を例にして考えてみましょう。
この銘柄の配当や優待の内容は・・・

[特典内容]
条件:アンケート返送
特典:クオカード1000円分
権利確定:3月末日

さらに、株自体のスペックは・・・
株価:523円 (2009年2月24日終値)
1株配当:14.00円(2008年3月実績)
市場:東証1部

では、前回と同様、具体的な利回りを計算してみます。
SBI証券をベースとすると、
取得単価
523×1+手数料(523×0.0063=3.2949)
≒526.3円。
こちらも大体530円くらいで取得できることになります。

これが1年間でどれくらいのリターンを生むのか考えてみると・・・

クオカードはコンビニなどで額面どおり使えるので、
1000円分のお買い物が出来ます。

お買い物ベースで考えれば、リターンは年間1000円。

それに配当とイーバンクのゴールドラッシュプログラムも加えると、
リターンの総額は最大で1044円程度になると考えられます。
約530円の投資で年間1044円程度のリターンですから、
年197%程度のリターンがあると言えるわけです。


もし、現金ベースのリターンで考えたいのであれば、
クオカードは金券ショップで90~95%程度で買い取ってもらえるので、
年間のリターンは900円~950円程度ということになります。
配当などとあわせれば944円~994円程度のリターンですね。
これでも年180%以上のリターンになるわけです。
端株優待はやっぱりスゴイ!

次のエントリーでは、家族口座で利益を増やす方法をご案内します。
[ 2009/02/24 19:22 ] 利回り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。